株式会社プロフィットは経営会議システム・経営支援ツールをご提供してまいります。

法人設立&創業融資・超入門


相続関係説明図作成演習セミナー


相続紛争と遺産分割調停

相続実務に潜む「非弁行為」の落し穴


完全理解!税理士賠償と理論と実務!


銀行員が納得する経営改善計画書の作成

資金繰り指導の進め方

飲食・小売業の経営管理

顧問先への経営支援

赤字経営からの脱出方法

経営支援業務の進め方
中長期経営計画の作り方
「決算診断」活用のポイント
予想・実績資金繰り表の作り方


労働保険申告書の書き方講座
就業規則の作り方
給与計算の実務

                                    


経産省系「補助金」基礎知識
企業再建計画書の作成と履行体制の構築
重たい負債に勝つ!事業承継の方法
選択制確定拠出年金
訴訟現場から学ぶ「中小企業のサービス残業問題」対策
経営会議入門

□実務スキルアップ講座(全12巻)
1.会計業務の実務
2.労働保険・社会保険の実務
3.法人税の実務
4.資金繰りの実務
5.税務調査対応の実務
6.給与計算と年金の実務
7.決算対策の実務
8.年末調整の実務
9.消費税の実務
10.確定申告書の実務
11.経営計画と経営会議の実務
12決算診断金融機関格付けの実務




近頃、税法は複雑化する一方、インターネットの普及によりクライアントの情報収集は容易となり、税理士に対する要求レベルはさらに上昇し、税理士賠償は避けては通れない問題になってきているように思います。
「クライアント提出資料をそのまま利用することはいけないことなのか?」
「クライアントの意向に沿って申告したのに賠償責任が発生するのか?」
「経理担当の不正を見逃したのは 税理士の責任なのか?」
「クライアントに対してどこまで積極的に助言すべきなのか?」
「税理士賠償の損害額はどのようにして算定されるのか?」
実務において生じる税理士賠償の問題に対して、「損害賠償理論の基本」をお伝えし、事案ごとに整理された税理士賠償裁判例を分析し、裁判所が重視する義務の内容や程度、判断基準を実際に肌で感じていただきます。
さらに、税理士賠償を予防するための3つのポイントを伝授致します。

◆収録内容
1  民法における損害賠償理論のあらまし
2 税理士顧問契約の分析
3 税理士賠償訴訟の代表的な事例の紹介
4 上記事例における裁判例の分析
5 裁判所の重視する「税理士の義務」とは
6 税理士賠償を予防するための3つのポイント

DVD購入者特典
税務顧問契約(書式)をプレゼント!


価   格
■標準価格(税込) \25,920 ※送料別途500円
講   師

みなと青山法律事務所 弁護士・税理士
馬渕 泰至 氏

収録時間
収録時間:約2時間 制作年月:2013年9月 セミナーの際使用したテキスト付き(PDF形式。DVD内格納)



Copyright (C)PROFIT all rights reserved.